ペプシコーラのコマーシャルがアメリカで話題になっている

ペプシといえばソフトドリンクのメーカーとしてアメリカで有名ですが、このペプシのCMがネットで話題になっていました。どんなCMかというとデモ行進をしている人達と、それを制圧しようとしている警察官がでてくるのですが、それを見ていたアメリカで有名なモデルのケンダルジェナーが、ペプシコーラを警察官に手渡す。そしてデモ行進をしていた人達から拍手と歓声が沸き起こり、緊張が一気に解けるといった内容なのですが、なんで問題になっているかというと、昨年7月ルイジアナ州でデモ行進を制圧しようとしている警察官に1人の女性が立ちふさがり、通行妨害をしたという実際の事件をネタにしているからだとの理由のようです。この事件があったアメリカではブラックライブズマター(黒人の命も大切です)という人種をめぐっての根深い問題や対立をめぐっての事件が色々あり、なかなか日本人である自分には分かりづらいのですが、このコーラの宣伝コマーシャルフィルム1つとってみてもかなりの沢山の人たちが反応をみせており、やはりアメリカにおける人種問題の奥深さを感じさせるものだと思った。